ダンパーの基礎的なこと

内輪であがったダンパーの事をこっちでもあげます。

ダンパー、ここではバネを除くダンパー単体(ショックアブソーバー)について触れます。ダンパーは各種抵抗による減衰力(入力に対抗する作用)…ストロークしようとするピストンやシャフトに「ストロークすんな!」と対抗するものです。ですのでストロークしていない時は抵抗しません(というのは語弊があるけど)ので、ダンパーとして機能しません。←先ずこのストロークしていない時は機能しておらず、ストロークする時には機能するという事が大事です。ピストンのストローク速度がゼロだと機能しないという事なので、速度によってその機能も変わるという事になります。

 

一般的にダンパーはピストンの径と穴が作用する、オイルが流れる際の粘性抵抗に主眼を置かれると思いますが、それ以外にもシャフトとオイルシール(Oリング)の摺動抵抗やピストンとシリンダーの摺動抵抗、ピストンの体積、ラジコンにおいてはダイヤフラムと呼ばれるゴムのオイルシールとかダイヤフラム上のエア室も、減衰力に影響しています。ここではオイルの関連する事について雑記しておきます。そしてダンパーの減衰力を考える上でイメージするべきは、ピストンを通過するオイルの粘性抵抗=オイルの粘度が支配すると思うべきでは無いと思います。一定の条件下ではそれで良いのですが、ラジコン(RCカー)はダンパーの設置条件に多くの調整範囲を持っていますから、もっと本質をシンプルに認識するべきだと思います。

 

ダンパーがストロークする際、ピストンの前後で圧力が変化するのは理解してもらえると思います。たとえばダンパーシャフトが縮むときはピストンの上面が加圧され下面が減圧されます。上面の加圧具合は少ないもしくは、ゼロである事が一般的のはずなのですが、ラジコンにおいてはダンパーの組み方、ダイヤフラムの素材等に影響されます。

オイルにしろ空気にしろ、圧力の高い所から低い所に流れようとしますから、ダンパー内のオイルはピストンの上面から下面に移動します。この圧力の差が生まれる事でオイルは流れ、減衰力という力が発生します。

捉えるべきはオイルが流れる事ではなく圧力差があるというところ、そして冒頭で書いたストロークする速度で抵抗力(減衰力)が変わるというところが大事かと思います。

One Reply to “ダンパーの基礎的なこと”

  1. ピンバック: ダンパーのめんどくさいウンチク。 – RBとRC

コメントを残す