TA07の初走行とセッティング

やっと。やっとTA07を走らせて(少しセッティングも)きました。

 

24時間営業、冬でも夏でも春でも秋でもエアコンで快適な小杉レジャラン(なんとかウェイっていうらしい)で、3年ぶりのタミチャレ車を走らせてきました。今回はなんとなく方向性というか、車の癖というか、どうしたら良いんだろうみたいな事を探るのがメインです。

 

とりあえず組んだままの状態で走行開始。最初の印象は…

1:全体的な設置感が少ない

2:フロントのロール感が少ない

3:リヤの剛性が足りてない→ロールで沈まないから荷重不足→立ち上がらない

こんな感じでした。フロントのスプールがダメなのかなーとか思いましたが、そこは代替案が無いのでパス。ダンパー角度とサスブロックの変更で様子をみる事にしました。サスブロックはコレにしたいなってのが全部持ってきていないという残念が状態だったので、代替品で様子みます。。

いくつか変えていってみると、劇的に良い感じが出てきました。なんだこれは超楽しいじゃないか。。他の車がいないので速いか遅いかわからないのですけど、思ったようにスイスイと走る感じになりました。

よくわからなかったのはサスアームとタイヤです。サスアームは標準がグニャグニャなので418の固いほうにしてみたのですが、なんか良い所と悪い所がはっきり出たような。。ミディアム含めて要検討です。タイヤは2セットの性格が違い過ぎて、どっちが一般的なんだかわかりませんでした。接着済みタイヤがどんな感じなんだろうと気になります。

リヤのデフが結構大事な感じがしました。ロール剛性が無いので硬めのデフで補填したい、けど硬いだけだと曲がらん立ち上がらんてなる。今回は3000/1.2gにして悪くなさそうだったので、4000番で1.0gにしたらもうちょっと良い感じでした。

 

PDFリンク

一応今回の最終セットはこんなかんじ。もうちょっと詰める必要がありますけど、ひとまずよく走る良い車だなと思って終了でした。

コメントを残す