安定化電源の宣伝です。

ラジコンはじめた頃、オプションパーツをつけていく過程で思った事ですが。

 

ラジコンが面白くなって、オプションをいっぱい買う、レースに出る、そんな一般にいうステップアップ(何が?って感じですけど)真っ最中右肩あがりの頃、安定化電源がいるっていう状況が理解できませんでした。当時はタイヤウォーマーだとかセッターだとか、充電器以外に必要な機器の事も海外のコンセント規格の事も全く知らなかったし気にしてなかったので「100Vが使える充電器以外が売られている意味がわからん」と思ってました。

今となっては安定化電源はあったほうが良いと思ってますけど。

ちょっときっかけがあって、ラジコン始めて間もない方向け(無論バリバリの方にもOKですけど)の低コストで品質が良い安定化電源を監修?プロデュース?したので宣伝します。20Aが3200円、30Aが3700円なので結構安くないですか?

左は30Aで、右は20Aです。正直30Aが必要だと思う事もありませんが、無いよりはあったほうが良いかと思って。10Aとか15Aはコスパが悪いのでやめました。30Aにはファンがついてて20Aにはついてないですけど、20Aでファンがいるようなスイッチング電源はあんまり良いテスト結果が出なかったです。

今回の製品で一番推したいのは端子です。ラジコンの電源端子としてよく使われている4mmのバナナプラグを直接させるようになってて、省スペースかつ余計なものを後から買わずにすむようにしました。この端子とかコンセントコードとか全部付属してます。

バナナ対応の端子は2ポートです。3ポートまで付けられるのですが、短絡するリスクを考えて2ポートです。タミグラユーザーだと1600SPとLF2200の充電器が別の人向け、速ツーユーザーだと充電器とタイヤウォーマーとかでしょうか。コードや端子はプラスとマイナスのドライバーがあればOKで、ハンダとか特殊な加工をしなくても良いようにしています。

装着イメージです。充電器2台をさしてます。電圧は全てチェックして、全て12.2v ±0.2vで調整して出荷するようにしています。

余談ですが、質の悪い安定化電源ってのも世の中にはあります。たとえば↑の写真は今回のもので、ちゃんと充電できてます。

↑のものはタイヤウォーマーが作動していると充電ができなくなります。ウォーマーが切れると充電が復帰します。機器によって電気の使い方が異なるので、相方の影響をモロに食らってしまう安定化電源があります。今回はこんな事がおきにくいものを選定するのに難儀しました。電源の外観は共通部品で使いまわされているので、中身の品質が見えにくいんですよねぇ、、売っているので粗悪品はゴロゴロしてるのでご注意ください。

海外製なので若干外装のプレスが悪いとか、ちょっと曲がりが出ているとか、パーフェクトでは無いですけど、電源としての安定性とコスパの良さを最重要視しています。

 

そんなわけで買ってください(笑)

安定化電源 20A

安定化電源 30A

コメントを残す