ベアリングの洗浄

私がベアリングを洗うときにしてることです。

 

この前シャカシャカ君でベアリングは洗わないって書いてたら友人からどーやってんの?と聞かれたのでココでもネタ的にあげてみます。まあこんな面倒な事やってるやつもいる(私はこれが楽だと思ってるけど)ってことです。

デフキャリアのベアリング1510でやってみます。ベアリングについては色んな所から色んなベアリングが出てますけど、私はRCで使うベアリングに全く拘りがありません。規格や等級に拘るより、安かったり気軽に手に入ったりするほうが大事です。…といいつつ、釣り用のマグシールドってのは名前がカッコイイので気になります。

写真で見えている部分はケースに収まったら見えなくなる側です。

ここのシールドを取り外しできるように、外れ止めのクリップを外します。

こんなかんじです。クリップは一度外したらもうつけません。あとはクリーナーを直噴します。ぶしゃーっと。その後乾燥→注油→組み付けです。今は無きホビーボックスの店員さんだったヒルエモンさんに昔教えてもらって、横道逸れながらもここに戻ってきました。

以前、車のブレーキをOHしてた際パーツクリーナーを吹きまくったら3mくらい先のストーブに引火して納屋の中で爆発炎上(アルコールなのですぐ鎮火します)した事があります。一瞬視界が明るくなるのは大変驚いたものでして、以来冬場にパーツクリーナーを使うのはドキドキします。

RCで面白いなと思うひとつに潤滑剤があります。ある人はエンジンオイルだったり、ある人はトリプルワンだったり。私の手持ちで変なのはベルハンマーとスズキチェーンオイルRの混合でしょうか。今は限られた所にしか使わないですけど。こういう市販品を一度買うと、一生使えるんじゃないかってくらいの量が買えるのでそれはそれで困ります。

コメントを残す