スパーギヤとバックラッシュ

スパーギヤを交換したので雑感を。

TRF419は標準で116Tスパーなので、対応できる限りはタミヤのスパーを使っています。外で走ると石噛みとかで残念なキモチになるので、安くて買いやすいものが良いです。

写真は上からカワダ120T→タミヤ116T→AXON115Tです。

タミグラなんかを考えると同じもの使ってたほうが、厚みが統一できるので楽だなと思っているのに116Tと111Tで厚みが違うなんて歯ぎしりしてしまいます。『もーちょい!ほんともーーちょいだけギヤ変えたい』って時があって、AXONの115Tも持っています。419は116T/24T以下は対応しないので、それ以下のギヤ比にしたい時はスパーを120Tにしています。

AXONが出た時に硬そうな素材でいいなと思いました。靭性が小さく柔らかい素材は、別に派手なクラッシュしてないのに歯が砕ける事があって、バックラッシュを合わせられないのかそろそろ老眼なのかと心配しています。そういった方はAXONがいいはずです。

見えないですけど歯が欠けています。

精度ウンヌンについては全く気にしません。スパーが高精度でもホルダーとの関係上そのメリットは生かされないので。ついでに04モジュールと64ピッチも気にしません、どうせバックラッシュのほうが大きいので。これ気にしだすと物の管理が大変になるので嫌なんです。

 

コメントを残す