超期待のライキリGT軽量

来月発売のライキリ軽量が楽しみって話です。

昨年春に行われたタミチャレ北陸で石川県の上手な人にライキリ標準をお借りしてからというもの、もう私の中で大絶賛の嵐が吹き荒れました。なんだこのスーパー良いボディは。。。と。

ワーチャンで使ったライキリです。色が白いのは完全にメンドクサイが故の手抜きですが、しばらく使ってるとこれはこれでカッコよく見えてきたので満足しています。窓はクリア→TS72クリヤーブルー(だったはず)で、TSカラーは発色が良いので好きですし、PSカラーのパールクリヤーを下に塗っておけば剥げないのでいいと思います。

実車から落とし込まれたボディでは無いので賛否あるみたいですが、個人的に思うのは走ってたらどれもかっこよく見えるのでなんでも良いなって事です。※特に白ボディの私には上手に塗られた綺麗なボディはどれもかっちょえーと思います。

うん。光の具合と相まってかっこいいってたぶん。※元ソースはタミヤのレースレポート

このボディはほんと良くできているなと思っていて、先日小杉レジャーランドで速いツーリングに乗せてみましたところ結構良い感じだったんです。板厚が厚いのでモサっと感はあり軽量待ちかなとは思いましたが、4ドアとかウイングの高さとか日本でいうJMRCAの縛りみたいなのが無ければ結構イケそうな気がします。

タミヤGP縛りの車にもうちょっと速いパワーソースとかもうちょっと食うタイヤとか、タミチャレGTからTRFレギュに転用とか、使えそうな場面が広がるのはユーザーにとってイニシャルコストが下げられる要因になるからいいなと思っています。

ウイングは場所によって変えます。小杉ではラウンドが調子よかったですが、写真のストレートはワーチャンで好印象だったものです。ステーはアルミもプラもよくわからなかったのですが、以前ワーチャンで1位になった上手な方が推薦したのでプラにしてあります。

てなわけでライキリ軽量たのしみですねって事でした。

コメントを残す