R1 Wurksモーターをテストします(初回)

アメリカのR1 Wurksから出ているモーターが2017年のJMRCAに登録するらしく、縁あって借りる事ができました。

 

RBとRCでは回りにある17.5Tを集めてR1 Wurksとどう違うのかチェックしてみたいと思います。

今回はぱっと見た感じの印象など。

まずはクーリングホールがデカい!GスタイルのGrandSlam2もそう(今回の比較には出ません)ですが、最近のモーターは穴がめっちゃ開いてる感じします。

デザインは好みがあるでしょうけれど、私はこのデザイン好きです。

これまではROAR規格のモーターだけでしたが、今回お借りしたのはJMRCA2017年規格に準拠しているとの事です。また”Wurks”はワークス”works”と同じ発音でOKと聞いています。

 

どんなものなのか、次回以降少しづつ紹介していきます。

コメントを残す