タミヤワールドチャンピオン決定戦-レース中-

ワーチャンのレースについてです。

初日からなかなか大変です。

必要そうなものは全部出したい性分で、机の上はいつも渋滞しています。左隣はTRFで優勝した方で、整理整頓されたテーブルでした。流石速い男は違いますな。すまん俺。

TRFの調子はというと、初日ずっと7番手あたりをうろちょろ、全然曲がらないです。ちょろっとバネかえてみるも何も変わらず、路面の変化も全く感じる事ができず。フロントワンウェイ、リヤスプールという秘策(っつーか思いつき)を、昨年のTRFチャンプに教えてもらい2日目にトライしました。

しかし走るわけもなくw一気にドベへ脱落。やはり思いつきで変な事はするもんじゃないですね。

3日目に直してもらい7-8番手くらいへ復帰、時すでに遅しでB4スタート。2日目の時点で捨てていたのでなんも感じませんwSTしか目に入っていない状態でした。

 

STは初日早々に運転が苦しい状態になるも、運転手が耐えてコントロール1番手。予選が始まってからはみんなペースがあがったみたい。こっちは階段1段づつあがってるのに、周りは2段くらいあがってて良くなった実感が全くない。STって車のもっていき方が難しいなーと思わされました。

 

とにもかくにも154-154ポイントで4番手。3番手以内を考えていたのでちょっと予定外でしたが、まあ良しです。

決勝1回目。こんな感じでレースはすすみ、

うおー近いなーってなったり

ゲロってなってたり、なかなか難しいレースを終えて3番ゴール。

決勝2回目は

熱い展開も見られ、結果1番ゴール。良い車だったか知らんけど、ドライバーはよくがんばりました。みんなどこかで会ったら褒めてやってください。3-1ptでトータル1位、獲る気満々で行ったけどほんとに獲れるとは思わなかったw

 

今回は事前に車体をガン見したこともあり、毎晩飲みにいける3日間ノーメンテマシンにできたところも良かったです。そんなこんなでレース終了、今年も大いに疲れました。

コメントを残す