タミヤクリーナーの活用法

今週は雪やら噴火やらですね。

私の車はボロイのです。ボロイのは関係ないのですが、冬の寒い日は鍵穴が凍ります。寒い日はカギが開かなくて「おぉー、はよ開けこのやろー」とブルっているわけです。そもそもお前キーレスのリモコンないのかよ?とか、イマドキはドアハンドルに手をかけたら勝手にカギがあくよ?と言いたい人もいるでしょう。随分前の事ですが車を売っていた事もある私としてはそんな事は百も承知でございます。古い車なので勝手にカギが開くなんて事は無いですが、キーレスはスペアを3つ持っていましたしスペアのカギも4つ持っていました。キーレスは無くしたって人にぼんぼん差し上げていたらスペアがゼロになり、カギはぼんぼんなくしてたらスペアがゼロになりましたって事で、完全に管理能力の欠如でございます。そんなわけで今の私はカギで開けるしかないのです。

そんな中「解氷剤はアルコール」っていう文言を目にしたので

なるほどコレのことかと思って取り出したわけです。

コイツを鍵穴からシュッと一吹きすると、さくっとカギが回るようになりました。なんと便利なんだろう。たぶん油分が流れていくのでしょうけど、暖かいシーズンには定期的に注油をしているのでそんなこと私には関係ありませんたぶん。

 

そんなわけで1本車に常備しようと思うわけですがこれを車に乗せるということは、鍵穴が凍結していてもシュッと一吹きできなくなるわけで、これはこれで困ったもんだなと思っている昨今でございます。

コメントを残す