たまにはめんどくさい話ダンパーとか。

前にも書いたかも、なのですがダンパーのクドイ話をば。

 

バネとかダンパーオイルとか、何故に変える(セッティングする)のかってことですが、よく「〇〇のバネにすると曲がる/曲がらない」「〇〇のオイルでうんぬん」て話がでます。これって結論であって、前提や過程を理解しておかないといけません。速いとか遅いってのはあくまでタイヤの仕事の話であって、バネやオイルはタイヤに影響しているだけですから。

 

ダンパーは車体の振動を減衰/収束させるためのものです。入力に対してオイルやOリングで抵抗させ、オイルの番手やOリングの硬度/構造等で抵抗を調整しています。ただここだけ(減衰/収束)だけを見ていてもダメで、ストロークは上下動だけという簡単なものなので、その過程も注視する必要があります。意外と理解するのは簡単なのでイメージしてみてください。

 

バネを外し、オイルを全部抜き、Oリングはスカスカの極端に抵抗が少ないダンパーを作り(あり得ないですが抵抗がゼロとします)ます。そのダンパーを車体に取り付けましょう。車体の下には5mm程度の板を敷いて、なんとなく車高がとれている状態にします。車重1300gの車体なら、敷いた板に車重が乗っているはず(タイヤが僅かに接地しているとかの誤差は抜きで考えます)です。超高速、光の速さで敷いた板を抜き取るとどうなるでしょうか。車体は車重を受け止めてくれていた板がなくなったので車高5→0mmになり、1300gの車重は車体が置かれている物に乗る事となります。あたりまえですね。

 

大事なのは敷かれていた板が抜かれ、車高が5→4→・・・0mmへと変化している過程です。この車体が落ちている間(イコールダンパーが縮んでいる間)の時間は、車体の重量がゼロになりタイヤへの荷重が無くなって前進する事も操舵する事もできません。エレベーターで下がり出した時に体が浮くような感覚と似た状態です。

スカスカの抵抗ゼロダンパーに対して5000番とかめっちゃ固いオイルを入れて車高が下がるのに5秒くらいかかるダンパーにするとどうでしょうか。板を外したら車高が0mmになるまでタイヤで車重を支えます。スカスカダンパーはタイヤに荷重がかからなかったのに、重いダンパーだと多少荷重がかかるようになり、ストローク中でも前進できますし操舵もできます。

ダンパーオイルはストロークスピードをコントロールすると同時に、ストローク中の荷重もコントロールします。オイルの銘柄、番手を変更して得られる変化は、ストロークしている過程に変化があって、曲がる/曲がらないなどは結果でしかありません。

 

荷重をかけたいから、オイルは固めまくればいいのかというとそうでもありません。何事も限界があるのでちょうど良い所を見つけなければなりません、が、、それが難しいしセンスとか持っているセンサーの感度とかなんでしょうかねえ。どうやったらそんなのがわかるようになるんですかねぇ。。

コメントを残す