TA07をモデる1

TA07を走らせる前に、ちょっとずつメンテを兼ねてタミチャレ向けに脳内セットモディファイします。

タミチャレ向けにって言っても何やっていいのかわからないのですが、なんとなく思ったように&基本取説セットに近い状態からスタートしたいなと思います。

借りたものの中にカーボン混入パーツが同梱されているのですが、このへんはしばらく割愛です。というか、タミヤのRC部品は同じ金型で素材が違うものを作るお家芸がありますけど、樹脂の収縮とか考慮/管理しきれてない部分がいろんな所で見受けられます。こういうメーカーなので特にどうの言いたいわけではありませんが、私は結構気にしながら使います。

 

今回はフロント側からバラしました。

標準はサスマウント(A)が樹脂でサスボールは無しですね。サスマウントは新旧両タイプが使えるようになってていい感じだと思います。今回は旧車で余っている旧型サスマウントを使います。

悩ましい事に、このシャーシはバルクより前~バンパー付近が非常に弱くグニャグニャしています。伴って前側サスマウントも動くので、サスピンの摺動を妨げやすい状態にあります。

先ずはサスマウントをアルミにしてサスボールを使えるようにし、ボールも樹脂タイプを使ってできるだけサスマウントが動いてもサスピンの摺動に影響がないようにします。サスアーム前後のスペーサーも、少しガタをもたせる感じでしょうか。

余談ですが、樹脂にネジを入れる時はグリスとかオイルを塗って締めましょう。ネジの締め付けに関してはまた別のところで書きます。周りにこの工程が必要無いと言う方がいたら、ネジの事がわかっていないか、潤滑しなかった代償をどこかでペイしているという事です。どっち側の話なのかで大きく異なるので気をつけてください。

フロントのデフはギヤデフを使いたくない(鉄カップだし粘度調整いるし面倒)ので、今回はダイレクトでスタートします。タミチャレタイヤと合うのかしら。。余談ですが黒いプーリー、さっさとスペア部品でリリースして欲しいです。

ワンウェイもついてきました。私は使えないので見なかった事にします。

たぶんこれは必須だろうと思って買ってきました。

 

次回はリヤ側をバラします。

コメントを残す